風吹ジュンの元旦那・川添象郎との離婚理由がヤバすぎた!荻野目慶子とも!?アッコ・川添(小出)明子の現在、美人画像

Pocket

助演女優として活躍している風吹ジュン、昔も今もずっとかわいらしいですよね!

そんな風吹ジュンの元旦那・川添象郎氏(画像)との離婚理由がヤバすぎた、(川添象郎氏の若い頃の画像あり)、元夫の愛人だった川添(小出)明子さん(=アッコ)の現在、荻野目慶子とも不倫してた!?についてまとめました。

風吹ジュンの元旦那・川添象郎氏とは、画像

1981年に風吹ジュンは、音楽プロデューサーの川添象郎(かわぞえ しょうろう)氏と結婚しました。(別名義:川添象多郎)みんなに愛される女優・風吹ジュンが結婚した男性ってどんな方なのか、すごく気になります。

さっそく見ていきましょう。

川添象郎氏のプロフィール

出典:Twitter

川添象多郎(川添象郎)氏27歳当時

別名義 川添象多郎
生年月日 1941年1月27日(2022年で81歳)
職業 音楽プロデューサー、空間プロデューサー、フラメンコギタリストなど
学歴 慶応義塾高等学校→ラ・サール高等学校→和光高等学校卒業

川添象郎氏の父親・川添浩史氏(旧姓:後藤)はレストランのオーナーをしていました。

1960年、東京都港区麻布台に開店した“キャンティ”というイタリア料理店で、著名人や文化人・芸能人ご用達の店です。

川添氏の母親は、戦前に日本で初めてショパンコンクールに出た、ピアニストの原千恵子です。

父方の祖父、後藤猛太郎氏は日活の前身である“日本活動フィルム”の初代社長でした。

父方の曽祖父は明治の元勲・後藤象二郎氏です。(元勲〈げんくん〉とは明治維新以降、政界に影響力をもった有力な政治家のこと

現代の日本では、もういないと言われていますが川添象郎氏については貴族だという声もあります。一般庶民には理解できないような“常識を超えたなにか”を持っていらっしゃるようです。

ご本人から伺ったエピソードを思い出しました。川添さんは子供の頃、学校に行きたくなくて渋谷をうろうろしていたそうなんです。よく、東急百貨店の一番上にあったおもちゃ売り場にいたそうなんですが、そこに手品の実演販売をしているお兄さんがいたらしいんです。

毎日学校をサボってそこに行ってるから、やがて「いつもいるね」と話しかけられ、手品を教えてもらっていた。それを家に帰ってお父さまに話したところ「そんな手品がうまいやつがいるならうちで応援してあげよう」という話になり、その後、そのお兄さんをサポートすることになったんだそうです。

それが後の初代・引田天功とのことでした。

出典:HAGAZINE

川添象郎氏は音楽プロデューサーとして数々の功績を残しています。

川添氏は、荒井由実(松任谷由実)YMO(イエロー・マジック・オーケストラ:坂本龍一、細野晴臣、高橋幸宏がメンバーの音楽グループ)などのビッグアーティストを世に送り出し、青山テルマfeat.SoulJa『そばにいるね』も川添氏がプロデューサーを務めた作品でした。

坂本龍一の記事はこちら↓

https://www.toynutz.com/%e3%83%9f%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%b3/sakamoto-ryuichi

イヴ・サンローランやピエール・カルダンを日本で売り出すためのコンサルティングやライセンス開発(例えばギフトなどで、タオル類にブランドのネームが入っているものを日本で初めてプロデュースしたのは川添氏です)、いろいろなイベント、空間プロデューサーとしても活躍してきました。

1960年代、まだ若い頃からアメリカやスペインなど世界に出ていろいろなことを吸収してきた経験や父・浩史氏からも多くのことを学び、川添象郎氏の仕事に関しては『本物だ』、『天才』など業界で絶賛されています。

2022年7月に初版が出版された川添氏の自伝『象の記憶』でこのように明かしています。

「昔は会社に属さないフリーのプロデューサーなんてあまりいませんでした。そもそも親父に言われて海外に初めて行ったのがラスベガス。そこから信じられない世界が広がっていくんです」

出典:夕刊フジ

ラスベガスに行くことになったのは、

シャーリー・マクレーンイヴ・モンタンが映画『青い目の蝶々さん』を60年に日本で撮っていて、関わっていた親父の指示で僕がアシスタントのようなことをしていました。制作していたシャーリーの夫のスティーヴ・パーカーが次はラスベガスでショーを上演するということで、次は『そこに行ってこい』と親父に言われたんです」

出典:夕刊フジ

ショーが終了した1年後に向かったのはニューヨークでした。

「ニューヨークへ行きたいと伝えたら、親父が舞台美術家の伊藤祐司さんを紹介してくれて、長男で舞台音楽家のテイジと仲良くなりました。60年代初頭のニューヨークは芸術がパリから移り、グリニッジ・ヴィレッジには才能の塊があふれていました。そこで出合ったフラメンコギターにひと目ぼれ。習得して、テイジと舞台の音楽を手伝うようになったんです」

出典:夕刊フジ

本場スペインでフラメンコギターを完全マスターして1964年に日本に帰国しました。プロデューサーとして開花したのは、69年のことでした。

元ザ・タイガースの加橋かつみのアルバム『パリ 1969』をパリで制作した時に、ロックミュージカル『HAIR』のリハーサルを見るチャンスに恵まれました。

「僕と加橋、加橋の友人のカルロス、カルロスはカイゼル髭のおじさんを連れていた。素晴らしい舞台だったので、日本での上演をプロデューサーに直談判。それが成功しました。あとで聞いたら、そのカイゼル髭はサルバドール・ダリ…。だからプロデューサーは信用してくれたのかな」

出典:夕刊フジ

1969年12月5日に日本人キャストで『HAIR』が実現しました。

「僕は日本の若者の髪形を2度変えた。最初がこのとき。短髪で真面目な日本人とは逆に『HAIR』に登場するのは長髪のヒッピー。みんな髪を伸ばし始めました」

出典:夕刊フジ

あの当時流行したヒッピーファッションは、川添氏が輸入してきたブームでした。

出典:Twitter

ヒッピーファッション

その後も人脈はどんどん広がっていきます。

「八王子から中学生の女の子がキャンティに来て、『私、いい曲を書くんですよ』と。それがユーミン(荒井由実)。曲を聴いたらすごく良くてすぐに契約しました」

出典:夕刊フジ

出典:Twitter

松任谷由実

荒井由実(現:松任谷由実)が曲を持って来てくれるなんて、とても素敵なめぐり会わせです。

川添氏のご両親や、その後の人脈が“ツキ”を運んでくれたのかもしれません。

やんちゃな一面!?がありますが…。以下、川添象郎氏のブログより。

残暑どころか「酷暑」の今日この頃
象のブログの「清く正しい」読者の
皆様はきっと「熱中症」で半分は
家にこもり、あとの半分は入院している
事でしょう。

象は「こもってます !」
こもっているので必然的に「PC」を
見ちゃいます。

$川添象郎オフィシャルブログ

かの有名な「Wikipedia」をチェックしたら
どこのどいつか判らん不届きものがちゃんとした
裏付けも取らず象の悪口を投稿しいけしゃあしゃあ
としてやがるのみならず、Wikipedia そのものも
様々な屁理屈でそれを容認しているやりかたは
卑怯千万であり、許しがたいと思いませんか ?

まるで自分達が社会正義の代表であるかのごとき
傲慢な姿勢は「IT 偽善文化」のさいたるものなんだよ !!
Wikipedia の責任者、僕に面談しに来やがれ、

IT mail でのやりとりは真っ平ごめんだっちゅ~の!

今回の「コノヤロ点数」★★★★★★★★★

出典:象のブログ

なんというか、すごくストレートな表現をされていて(ぶっ飛んでいらっしゃる)というのが個人的な感想です。笑

離婚理由がヤバすぎた

出典:Twitter

川添象郎氏

川添氏は、風吹ジュンと結婚した当時ですでに離婚歴が二回ありました。

風吹ジュンと結婚後、長男長女が誕生しましたが、1992年に離婚しました。

(残念ながら、一般人のため長男と長女の年齢や名前、画像は公開されていませんでした。)

離婚理由はざっくり言えば、川添象郎氏の破天荒な生き方が原因でした。

当時のことについて、風吹ジュンはインタビューで

「何があっても添い遂げるのが夫婦だと思っていました。親として、子どもに責任があるのだから。私と同じ思いを子どもにはさせたくない。抵抗してもしょうがないから、結婚生活は就職なんだと自分に言い聞かせました」

出典:デイリー新潮

と答えています。

一番の離婚原因は川添氏とアッコ(小出明子さん)の不倫のせい

一番の原因は当時、川添象郎氏の愛人で女子大生だった小出明子さんの妊娠が発覚し、風吹ジュンは激怒して離婚に至ったようです。(それ以外にも、バブル崩壊後に川添氏が麻薬所持や恐喝傷害事件などを引きおこし2014年、懲役2年の実刑判決を受けました。覚せい剤での逮捕は3回大麻での逮捕は4回にもなります。)

 

その後、川添氏は小出明子さんと結婚してお二人の間に男児が誕生しました。

小出明子(川添明子)さんという女性は、林真理子の小説『アッコちゃんの時代』のモデルになったほどのモテモテぶりでした

結婚生活はとても大変なものになってしまった風吹ジュンですが、生い立ちなども波乱万丈な人生でした。

アッコと川添氏の出会い・馴れ初め

明子さんのご友人が馴れ初めについて明かしています。

キャンティで川添氏が明子さんをナンパして、連日の電話攻撃からの朝ごはんを食べようと誘ってきて、昼も、夜も…。

毎日、朝から晩まで一緒にいて他の男性が入る隙をつくらないようにとばかりに誘っていました。明子さんは川添氏のことを『口説きのプロ』だと表現しています。

拉致されて修羅場になった

明子さんが風吹ジュンにつかまって話をした時のことをご友人に話しています。

「あたし、拉致られた」

と始まり、

「テレビで見るのと同じ、タヌキ顔の女優がいきなり目の前に現れて、有無を言わせず、喫茶店に連れて行かれたそうです。そしていきなり、“あなた、おいくつ? 本気で、川添のこと、思っているの?”って切り出された。アッコは、“そんなにとんがらなければ、ちゃんと家に帰しますから”と答えたそうです。これに風吹さんは“あなたのせいで、うちの家庭はもう崩壊してるのよ”と言い放った。するとアッコはこう答えたって。“大丈夫ですよ、奥さま、自信持って”。火に油ですよ」

出典:デイリー新潮

と、ご友人が詳しい内容を明かしています。

風吹ジュンの若い頃の記事はこちら↓

風吹ジュンの若い頃はホステス!波乱万丈の人生でも美しく生きる!かわいい画像

小説『アッコちゃんの時代』・あらすじ(事実+脚色あり)

小説の中では、明子さんは“厚子”となっています。1980年代に六本木でお金持ちに言い寄られる存在だったとか…。

男性の年収1千万円以上を求める女性たちから感嘆のため息が聞こえてきそうなお話しです。

出典:美女のたたずまい

川添明子さん

バブル経済の世の中でお金持ちの男性たちから「アッコちゃん」、「アッコ」と呼ばれて夜の世界では有名人でした。

短大の先輩の母親である銀座のママと、ママを愛人にしていた「地上げの帝王」と呼ばれる早坂太吉氏(小説の中では早川)と知り合い、やがて早坂氏は真剣に明子さんを口説きはじめて明子さん(小説の中では“厚子”)はそれを受け入れました。

雑誌に「銀座のママから地上げの帝王を奪った女子大生」として載ってから“妾(めかけ)2号”として有名になってしまったことから学校を辞めました。その後A氏は没落し、明子さんは再び六本木で遊ぶようになりました。

次に口説いてきたのが川添氏(小説の中では五十嵐)でした。1年だけと言い切って川添氏と付き合うことにした明子さんは、川添氏からの貢ぎ物や旅行などでバブルならではの贅沢を満喫していました。川添氏からヨーロッパ旅行をプレゼントされたり、「似合うよ」と色々なブランドの服やバッグ、靴まで買ってくれていました。

1年が過ぎ一度は川添氏と別れましたが、川添氏の押しの強さに負けて彼氏と引き離されとうとう川添氏の子供を妊娠してしまいますそれからは川添氏と堂々と高級マンションで暮らすようになり、週刊誌やワイドショーで「風吹ジュン(小説の中では、片倉ミキ)の夫の子供を妊娠」と騒がれて風吹ジュンと川添氏は離婚します。

 

その後、明子さんは男児を出産しますが川添氏に新しい愛人ができて別居します。その後、再び明子さんは六本木で遊ぶようになり、IT長者の堀内氏の愛人になる…というお話です。

※追記

2022年5月1日放送のテレビ番組『東京ブラックホールⅢ 1989ー1990~魅惑と罪のバブルの宮殿~』に明子さんと川添氏が出演していました。

明子さんは当時のことを振り返りこのように話していました。


出典:Twitter

「私『ナルシスホイホイ』って呼ばれていたんで、ナルシストが寄ってくるんです。自分好きな人がいっぱい寄ってくるので、『ナルシスホイホイ』っていうあだ名がついていた。ただ、私は男の人の自慢話が好きなんです。お友だちは『あの人、自慢するから嫌い』っていうのはよく聞くんですけど、私は好きなんですよ」

恋愛は相手に話をさせたほうが勝ちだと、某恋愛系YouTuberが話していましたが、明子さんはナチュラルにその長所を発動させていたから男性たちを虜にしたのでしょう。

嫌そうな顔をして話を聞かれるよりも、笑顔で楽しそうに話を聞いてくれる女性のほうがモテるのは、うなづけます。

そして、川添氏のことについても明かしています。

「お洋服を買うのも、プロデューサーだからなのか、トータルで買ってくれるんですよ。だからもう『プリティ・ウーマン』の主人公になった気分。お金は一種のエネルギーじゃないですか。好きな人に自分のエネルギーを使う行為、要するに好きだという表現を形で表わしているのが、プレゼントだったり、お金だったりするわけで、嫌いな人にはそのエネルギーを与えないから」

川添氏がいくらすごいプロデューサーだからといっても、バブルの時代だからできたことなんでしょう…。

川添明子さんの現在、荻野目慶子との不倫が原因で離婚

出典:美女のたたずまい

川添象郎氏と川添明子さん

川添氏が荻野目慶子と不倫したことから別居して、2007年には離婚しています。川添氏は整体師をしている愛人と結婚しました。

出典:Twitter

荻野目慶子/1984年の広告

離婚してから、旅館を経営する3歳年上の男性と内縁関係となり、内縁の夫との間にお子さんが二人誕生しています9年間、一緒に暮らしていたようですが別れて銀座の【熟女クラブ】で働くようになりました。(当時45歳)

川添氏から多額の養育費を受け取っていたとおもわれますが、養育費はお子さんが20歳になると打ち切りになるので、それを見越して働くことに決めたようですね。

2012年6月に働きだしてから半年ほどでナンバーワンになるほど、人気があったそうです。源氏名は“美鈴”です。

「お店には30代から40代までのホステスが40人ほどいますが、美鈴さんがナンバーワンです。客あしらいがうまいとか、そんなレベルではなくで、席に着くだけで座がパッと明るくなる。よく笑うし、お客様を心地よい気分にしてくれる」とはホステス仲間。

「お客さまが、”天女みたい“という表現を使いましたが、人を魅了することに関しては、天性のものがありますね

出典:美女のたたずまい

2012年までクラブで働いて、2013年からは昼間のお仕事をされていらっしゃるようです。

出典:美女のたたずまい

バブルに振り回される人生でしたが、お子さん達とたくましく生きていらっしゃるようです。

 

風吹ジュンの現在、息子と娘の記事はこちら↓

風吹ジュンの現在は彼氏・登山・中国茶で幸せすぎてヤバイ!?子どもは息子と娘が結婚してて孫が4人!

風吹ジュンの離婚理由とアッコの現在・まとめ

  • 風吹ジュンの元旦那・川添象郎は老舗のイタリア料理店の御曹司で、音楽プロデューサーや、コンサルティング、イベントや空間プロデューサーもしている。
  • 風吹ジュンと川添氏の離婚理由は、川添氏が当時学生だった川添(旧姓:小出)明子さんと不倫して明子さんが妊娠したことだった。
  • 明子さんと川添氏は、川添氏が荻野目慶子と不倫したことが原因で離婚。
  • アッコ(川添明子)さんは、お子さんの養育費のために熟女ホステスとして働いていたが、現在は昼間のお仕事をされている。内縁の夫がいる。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

テキストのコピーはできません。