柄本佑の妻は安藤サクラ!馴れ初め、結婚式が超豪華だった!現在も仲良し夫婦

Pocket

独特の存在感がある実力派俳優・柄本佑。嫁・安藤サクラとの出会い・馴れ初め、豪華な結婚式、仲良し夫婦エピソードについてまとめました。

柄本佑の嫁は安藤サクラ!出会い・馴れ初め

二世俳優同士のビッグカップルが結婚ということで話題になりましたが、どのようにして結婚にいたったのでしょうか。

安藤サクラ

2008年の映画『俺たちに明日はないッス』で弟・柄本時生と安藤サクラが共演しました。そして、同年に開催された『あきた十文字映画祭』に参加するため、移動中の新幹線で弟から安藤サクラを紹介されました。

「はじめまして」

その時に安藤サクラは前髪が長くて顔が隠れていました。うつむいていましたが、声を聴いた時のことを柄本佑はこのように振り返っています。

「顔を見るより、先に声を聞いて、漠然(ばくぜん)とこの人と結婚するかな、みたいに思って」、「その声を聞いて“あぁ”と思った」

その後、2010年の映画『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』で恋人役として共演したのをきっかけに柄本佑からアプローチしました。

柄本佑が連絡先を聞くと、

「ゴメン、今携帯を持っていないから時生に聞いて」

出典:スポニチアネックス

と言われたので、シャイな一面が出たのでは…と振り返っていました。それから連絡をとって、飲みに行くところから交際に発展していきました。

奥田瑛二の娘とわかった上での交際でした。お二人は交際を隠すこともなく、オープンに手をつないでデートしたりしていました。そういうのっていいですね!

ご結婚される前から柄本家で義両親と共に同居されていました。

柄本佑と安藤サクラの結婚式が豪華だった!

3年間の交際を経て、2012年3月14日に結婚しました。

芸能人一家どうしの結婚だったので、出席した親族を中心にとても豪華な面々でした。

出典:Twitter

出典:kanonmi.com

披露宴は、美しい自然の中で行われました。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

安藤サクラ(@sakuraando)がシェアした投稿

 

モノクロ写真もかっこいいですが、↓カラー写真だとカラフルで、おしゃれな雰囲気がよく伝わってきます。

こちらのアーチの頂上についているフラッグは、柄本佑が小さい頃に来ていたシャツをリメイクして安藤サクラと母親が、手作りで作ったものです。

このフラッグは娘さんのベビーカーにつけたり、おもちゃにして現在も大切にしていることを、フラワーデザイナーが明かしています。

柄本佑と安藤サクラの夫婦仲がいい

『2018年 第92回キネマ旬報ベスト・テン』に柄本佑と安藤サクラがそれぞれ、主演男優賞と主演女優賞をW受賞した表彰式が2019年2月10日に行われました。

その時に柄本佑は、

「私事ではあるんですが」と切り出し「昨年母が亡くなりまして、直接(受賞を)報告できませんでした」と声を震わせる。「今日も出てくるときに、会場は文京シビックホールだよと伝えていますので、下界に行く判子か何かをポンともらって、きっと会場のどこかにいると思います。母の口癖は『なんでもない日、万歳』でした。さすがに今日は『なんでもなくない日、万歳』と言って喜んでくれると思います」と語り、頭を下げた。

出典:映画ナタリー

と、柄本佑の母・角替和枝さんが亡くなって間もない頃で、夫婦ともに角替さんのことを思い出して涙を拭っていました。そんな中、司会に妻の受賞について感想を求められると安藤サクラが

「こういうのはいいんです! 男はドシッと構えていれば!」

出典:映画ナタリー

と、ナイスフォローで観客を笑わせていました。旦那さんのことをさりげなくフォローできる奥さんって、とっても素敵です。

2019年4月14日に投稿された安藤サクラのインスタグラムが、反響を呼びました。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

安藤サクラ(@sakuraando)がシェアした投稿

「うらやましい」「素敵」など、夫婦の仲の良さに感動するコメントが多数寄せられていました。

 

お二人がとても素敵なご夫婦なので、“推し”の夫婦だと明かしている声もたくさんあがっています。

安藤サクラのプロフィール

 

 

出典:Twitter

安藤サクラ

   本名:柄本さくら(旧姓:安藤)

生年月日:1986年2月18日

出生地:東京都

身長:160cm

血液型:A型

職業:女優

学歴:学習院女子大学国際文化交流学部卒業

実家の家族:父は俳優の奥田瑛二、母はエッセイストの安藤加津、姉は映画監督の安藤桃子

代表作:『愛のむきだし』、『100円の恋』、『万引き家族』、ドラマ『まんぷく』など他多数

5歳の時に父・奥田瑛二の舞台を見て女優になろうと決意しますが、芸能一家という周りの声を気にして小学2年生の時に一度、夢を封印していました。その後、アルバイトなどの社会経験を積み、高校生の時に女優の道に進みます。

女優として、数多くの賞を受賞しました。

そして、2018年第92回キネマ旬報の個人賞で主演女優賞を受賞します。同時に、夫・柄本佑が同主演男優賞を受賞し、初の夫婦W受賞として話題になりました。

これからも母として、女優として輝いてほしいですね!

柄本佑のプロフィール

出典:Twitter

柄本佑

生年月日:1986年12月16日

出生地:東京都

身長:182cm

血液型:B型

職業:俳優

所属:アルファーエージェンシー

子供の頃に『座頭市』を観たことがきっかけで映画監督になるのが夢でしたが、母のマネージャーの勧めで『美しい夏キリシマ』のオーディションに応募、主演に抜擢され俳優としてデビューしました。

 

まとめ

  • 柄本佑の妻は安藤サクラで共演した時に柄本佑からのアプローチで交際に発展した。
  • 柄本佑と安藤サクラの披露宴は屋外で行われた。結婚式に出席した親族が超豪華だった。
  • 柄本佑と安藤サクラは仲良し夫婦。夫に髪の毛を切ってもらったり、嫁が夫をフォローしたり、素敵な夫婦だと世間からの評判もいい。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

テキストのコピーはできません。