石川さゆりの離婚した元旦那は馬場憲治!離婚原因は嫁姑問題か!?画像

Pocket

美人演歌歌手として、もう知らない方はいないんじゃないかと思うくらい有名な石川さゆりの離婚した元旦那さんや、ほくろ除去をしたと言われていますが、実際はしていないようなんです…。画像を見て検証してみました。

石川さゆりの離婚した元旦那・馬場憲治氏の画像や出会い・馴れ初め

石川さゆりは1981年に結婚しました。当時23歳だった石川さゆりのマネージャーをしていた馬場憲治さんは、7歳年上で頼れる存在だったのでしょうか。

↓馬場憲治さんの画像です。

出身地:神奈川県鎌倉市

出身高校:東京都立新宿高等学校

出身大学:早稲田大学

新宿高校の同級生に、音楽家の坂本龍一、自民党衆議院議員の塩崎恭久がいる。

大学卒業後にホリプロに入社。最初は森昌子の付き人、そして石川さゆりの宣伝マネージャーをしていた。その後、退社してフリーライターとなり、編集も手掛けるようになる。

『GORO』(小学館)、『週刊プレイボーイ』(集英社)、出産準備雑誌のさきがけ『ピーアンド』、アウトドア雑誌『Be-PAL』等の創刊に関わる。

その後、編集の仕事を通して学んだことを活かしてカメラマンとして活躍1981年に発行した『アクション・カメラ術 盗み撮りのエロチシズム』(ベストセラーズ)がベストセラーとなる。高額納税者としてランキングされ、KKベストセラーズの社屋の柱の1本はこの売り上げによるものと言われている。

 

 

京都府の情報通信会社の社外取締役を務める傍ら、Yahooセカンドライフのサポーターとして執筆活動を行っている。

編集者の仕事を通してプロカメラマンになってしまったという凝り性の性格は趣味にも表れ、ゴルフではあるプロゴルファーのゴーストライターとして執筆、渓流釣りではあるメーカーのフライロッド(釣竿)のテスターを務めたほど。

元夫、馬場憲治さんの学歴や経歴の概略は以上です。とても幅広く活躍されてこられたんですね!趣味の分野でもプロになったり、プロ並みの知識があったり多才すぎてうらやましいかぎりです。

 

1984年には娘の佐保里さんが生まれましたが、1989年には離婚してしまいます。芸能界における平成最初の離婚と言われました。

石川さゆりの美人娘・佐保里さんの記事はこちら↓

石川さゆりの美人娘・佐保里は心の病気を患っていた!現在と画像!

石川さゆりの離婚理由

 

離婚理由については、当初は元旦那のモラハラだったという噂があったようですがそれはただの噂にすぎなかったみたいですね。

本当の離婚理由は嫁・姑問題が一番可能性が高そうです。

というのも、佐保里さんが生まれた翌年から馬場さんのご実家でご兄弟4家族13人と同居をはじめて、それだけでも肩身が狭く大変だったとおもいますが特に義母がとても厳しい方だったようです。

石川さゆりが地方公演を2日間行う時に、外泊することを姑に厳禁とされていたため日帰りで家に戻り、次の朝早くから公演に行っていたそうです。

そういったことは、歌手として仕事をしていくにはとてもやりにくかったのではないでしょうか。上記の通り、現在は元旦那さんは京都の情報通信会社で取締役をされていらっしゃいます

過去にはタレントとしても活動されていました。

いつも凛とした素敵な歌声で魅了されてしまいますが、その舞台裏では子育てや家庭の中でも大変苦労されていたんですね!そういったこともあの歌声に隠し味のようにエッセンスとして含まれているのかもしれません。

 

石川さゆりのほくろ除去の記事はこちら↓

石川さゆりのほくろが無い!?除去はしていなかった!目立たなくなった理由、画像

石川さゆりの離婚した元旦那・馬場憲治氏、まとめ

  • 石川さゆりが若い頃、当時マネージャーをしていた馬場憲治氏と結婚した。
  • 石川さゆりの離婚理由は元旦那さんのモラハラではなく、嫁姑問題が一番の理由だったと思われる。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

テキストのコピーはできません。