【ROLAND】ローランドの兄弟は妹と弟!名前は叶音で藤井聡太似のイケメン!脱毛サロンの店長!画像

Pocket

『現代ホストの帝王』といえばローランドですが、兄弟は妹さんと弟さんがいらっしゃいます。妹さんや藤井聡太似の弟さんのイケメン画像、性格はいいのか!?ちょっとワガママ!?弟さんが暴露したローランドのプライベートなエピソードについてまとめました。

【ROLAND】ローランドの兄弟①双子の妹がいる!

ローランドは、3人兄妹で、妹さんと弟さんがいます。ローランドは、しっかりされているのでいかにもご長男といったところですね。

 

ローランドの双子の妹さんは現在はほとんど海外にいて、あまり日本には帰ってきていないようです。

妹さんは日本語の他に、英語、フランス語、イタリア語が話せます。フランスに住んでいたこともあるほどなので、ペラペラですね!

ローランドは妹さんのことが大好きなのですが、妹さんは自信家の兄のことをウザく思うことが多いようです。

妹さんに彼氏ができた時に

「彼氏に会わせろ。俺よりもいい男だったら付き合ってもいいよ」

と言ったことや、彼氏と別れた時も

「お前のことは俺が責任もって絶対幸せにするし、何があってもお前のことだけは絶対養ってあげるから、気にしなくていいよ」

と言った時に

「そういうのすごくウザい」

と妹さんに一刀両断されてしまいました。すごく頼れるいいお兄さんだとは思いますが、自立した妹さんにはイラッときたのかもしれませんね。

双子なので年齢が同い年ということも大きいかもしれませんね。

もっと年の離れたお兄さんから言われたら少しは、違っていたかもしれませんね…(;´∀`)どちらにしてもシスコンの可能性が高いですね…。

妹さんについて「唯一、どうにもならない女」とローランドが語っています。

 

妹さんの職業やご結婚されているのかなどの情報は、現時点ではありませんでした。

情報が入り次第、追記させていただきます。

ローランドの兄弟②弟は6歳年下、名前は叶音で藤井聡太似のイケメン!脱毛サロンの店長、画像

ローランドの弟さんは、松尾叶音(まつお かのん)さんというお名前で、ローランドの6歳年下で2019年12月の時点で21歳です。

現在はローランドが経営するメンズ専門の脱毛サロン、『ROLAND Beauty Lounge』でスタッフとして働いています。

出典:Twitter

左/松尾叶音さん

脱毛サロンで働くことになる前、開店前から弟さんに声はかけていましたがご両親の反対にあっていました。

柔道整復師(整骨院で働く人)になるために専門学校に行っていましたが、2年生の“あと半年で卒業”というところで辞めてしまいました。

「意味ないなと思って、辞めた」

と叶音さんは、語っています。入学した動機は、周りが大学や専門学校に進学しているので流れで…と言っています。

兄・ローランドから

「辞めてこっちこい」

と言われてそうしようと思うようになったようです。

辞めてから2日で脱毛サロンで働きだしました。もちろんご両親は大激怒で勘当されてしまい、疎遠になってしまいました

ローランドは、そんな叶音さんを

「俺が面倒みるから」

と、しっかりサポートすると宣言しました。もともとご両親に学費を返すつもりだった叶音さんでしたが、ローランドが立て替えてくれ、叶音さんがローランドに返すようにしています。

無駄になってしまった学費を返すなんて、えらいですね!しかも、頼れる兄貴がいるなんて素敵すぎますね😢

ローランドがお金持ちだから学費も(ローランドにとっては)たいした金額じゃなくても、叶音さんは返したいと言っています。

お兄さんが有名人なので自慢したりするかと思いきや、

「兄貴に迷惑がかかるから、こっちは静かにしとこう」

という考えでご自身がローランドの弟であることを、自分からは言わないようにしています。情報がまわるのが早いから気をつけているなんて、兄想いのいい弟さんですね!

YouTubeのコメント欄に、脱毛サロンに行かれた方から書き込みがされていました。

弟さんって知らない頃に脱毛してもらって話したことあるけどメチャクチャ良い人でした

ローランドとは、また違った魅力のある叶音さん。素敵な弟さんです(*´ω`*)

脱毛サロンで叶音さんに新宿西口店の店長を任せ、将来的にはエリアマネージャーに抜擢しようと思うほど期待されているということですが気になったのは仕事上では上司であるはずのローランドに対して敬語ではなく、タメ口で話していることです。

そのことについて動画内でディレクターから疑問を投げかけられたローランドは

「僕の中でもそこは多少の葛藤がはあって。やっぱり仕事は仕事って線引きをして、上司と部下だとしたらそこは敬語である方が正しいと思うんですよ。ただうちの企業の色としてはメディアに出ている分、憧れで入社してくる人も多いわけですよ。

「ローランド」って名前があって入社してくる子達も多くて。ってなってくると多少企業に対して違和感があったとしても、そこの憧れでうやむやになってしまう事も俺は0ではないと思っててて。現場感で忖度なく意見を言えるスタッフを置くことってすごく大事なことだと思ってて。

敬語で上司部下って線引きを明確にしちゃうと、現場の純度の高い意見とか、ふとした時に出る不満だったりキャッチできなくなるのも怖いなと思って。だから弟に対しては上司部下っていうところを明確に線引きをするんでなくて、逆に伝達役というか現場の温度感をしっかり純度高く自分に伝える。

そういうのが(弟の)役割として大事なんじゃないかなと。別に偉そうにしてるわけじゃないですけど僕に対して憧れて入社した子がいたとしたら『もっとこうしてほしいな、ああしてほしいな』って思ったとしても、いざ自分に会ったら言えなくなってしまう可能性ってすごい高いと思いませんか?」

と、敬語を使う事よりも伝達役としての役目をはたしてほしいと明かしています。

数字的にはローランドは叶音さんの仕事ぶりを認めていますが、「社長の弟だから」と周りから言われないためにも、通常の昇格基準の2倍くらいの成績を出してもらわないと周りに認めてもらえないと言っています。実際にはその高い基準もクリアしているようです。

ローランドが叶音さんに注意した時の文句と顔が怖すぎて大炎上

もちろんローランドは数字以外の接客の部分を大事にしているのですが、実際にお店に行ってみると…

  • 店の入口付近にあるお客様用のロッカーの扉が複数、無造作に開いている。
  • バックヤードが汚い。お客さんの忘れた傘が山積みになっていたり、乾燥機のフィルターが詰まっている。
  • カウンターの内側に設置されている、お店の金庫の下になぜか段ボールが敷いてある。

などなど、突っ込みどころが満載だったので叶音さんにそれらを指摘すると(ローランドのいないところで)

「あいつ今日うっせえわ!」

と、不満を漏らしていました。

2カ月後の撮影時には、ローランドが指摘したところは全て改善されていました。叶音さんは店長と本店のマネージャーを兼任しています。

新人も多数抱えているので、休憩もとることができないほど忙しいのに文句も言わずお仕事をされている叶音さん。

「めちゃくちゃ楽しいです。毎日仕事してても良いくらい楽しいです」

と言うほどお仕事が大好きなんですね!しかし、ローランドに注意された時の顔が怖すぎたことや、文句を言っていたことで炎上してしまいました。

学校を中退して脱毛サロンに就職し、すでに1年経ちましたが、ローランドの右腕として成長していく叶音さんのさらなるご活躍を願っています。

ローランドの弟・叶音さんに対する世間の反応

 

 

 

 

 

後に叶音さんは「ローランドの弟として出る段階でもう、覚悟はしてました」と語っています。どうしても比べられたり、批判されることは想定内だったということですね。

ローランドの弟・叶音さんに彼女はいるのか

2019年12月の時点で、叶音さんに彼女はいらっしゃいます。イケメンで、性格も良い人なら周りの女性が放っておかないですよね…。

「ローランドさんに会わせてほしい」などとは言わない、落ち着いた人なんだそうです。

それ以上の詳しい情報は語られていません。

叶音さんがローランドを論破して黙らせた!あの“目つき”の真相とは

動画で「サインペンの買い出しに出た新入社員の人が40分も帰って来ない、しかも誰も連絡先を知らない」ということがありましたが、それに対しても炎上していてコメント欄には

  • ペン買いに行ったやつ無能すぎでしょw
  • いくら新人とはいえペン買えなかったやつヤバすぎない?よく採用されたな。
  • ペンも満足に買いに行けない新人w

などと、批判コメントが殺到していました。

その新人さんについて叶音さんは「申し訳ないなと思います」

「べつに俺のこと書くのはいいんですよ、どうせ想定してたんで。まさか他の人に(批判コメントが)いくとは思ってなかったんで」

「あの人はメッチャ凄いっすよ。成長したよ。契約取れてる。町田店の子なんだけど、(ヘルプで来てたから)俺が連絡先知らなかったんだけど」

『それ言い訳だよ』

と、ローランドにつっこまれながらも新人さんのことをかばっていました。部下のことをかばえるなんて、素敵な上司だと思います。

ローランドから職場が散らかっていたことについて言われた時の会話ですが、

『悔しかったら俺の家より綺麗にしろよ(ミニマリスト)』

「そうだけど…ここ10人家族とかで、子どもが10人いて、それを維持できるんだったら言ってほしい」

やべえ!どうしよう!なんも言えねえ!

「結婚してみたら?」

叶音さんに逆にツッコミを入れられて、ローランドは黙ってしまいます

あのローランドを黙らせることができる人って、なかなかいないんじゃないでしょうか…( ゚Д゚)

出典:Twitter

あの“目つき”について叶音さんは、

前日に大好きな名古屋店の店員さんたちと朝6時まで飲んでいて、東京に戻ってきていました。本当はその日は休みでしたが、一睡もしないまま急きょ、休日出勤になってしまいます。

仕事に入る前に一時間だけ休憩をもらって、寝てた後の顔があの“目つき”だったということです。

起きたら目の前に金髪があったんです

と真相を語っていました。

店員さんたちと飲むときは、全員の分のお金を出すのが叶音さん流のやり方です。10人分の飲み代、けっこういったなと思いつつも、(これを売り上げで返してください、皆さん)といった感じで、店員さんたちの士気が上がるそうです。

最初はローランドに経費で出してもらえないかと頼んでいましたが、

『お前さあ、身銭切らないと従業員なんか可愛がれねぇよ。会社の金だと思ってメシ連れていった時と、スタッフってわかる。この人、身銭で連れてきてくれたとか絶対わかるから。今は勉強だと思って払え…という経費削減のしかた笑』

と、バッサリ言われてから現在のやり方になりました。21歳で自分の家賃(8万円)よりも部下との飲み代が高いことがあると明かす叶音さんですが、そこまでできる上司ってなかなかいませんよね。

叶音さんが暴露したローランドのプライベート

YouTubeの動画内で、インタビューされていた叶音さんがローランドのプライベートについて答えていました。


出典:Twitter

  • ローランドは昔から自信のある人だったので、それは昔も今も変わらない。
  • 仕事となったら、すごくデキる人。ON・OFFのメリハリがしっかりしている。仕事の時はメチャメチャ対応が早い。プライベートの時はそうではない。
  • 実家に帰ってくるのは年1回くらいのペース。
  • ホストになる時に大反対していたご両親が、現在はテレビに出ると全部録画、雑誌に出ると切り抜きをしている。(応援している)
  • 母親にはクレジットカードを「好きにつかって」と、プレゼント
  • 実家の部屋は、ローランドと叶音さんの2人で一つの部屋だった。
  • ローランドに教えてもらったのがきっかけで、叶音さんもサッカーを始めた。高校まではサッカーをしていた。

出典:Twitter

左/松尾叶音さん

 

  • ホストになると家を出ていって、勘当されたが、その後、けじめとして大学の学費をご両親に返した。(学費+お小遣い)を渡した。その後は和解した。

クレジットカードを丸ごと渡すなんて、なかなかできることではありません。親孝行も桁が違いますね!

ローランドは大学に合格したにもかかわらず、入学式でたくさんの人を見て、このままサラリーマンとして生きていくのは嫌だと感じ、入学式の次の日には退学届を提出しました。

18歳で家を出てそのままホストの世界に飛び込みました。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

– – 好き? – #ROLAND #突然の質問

【ROLAND】(@roland_0fficial)がシェアした投稿 –

大学に行かなかった分の学費をご両親に返すなんて、ほんとうにオトコマエだと思います。

ローランドの妹弟・まとめ

  • ローランドには双子の妹がいる。名前や職業、結婚しているのかはまだわかっていない。英語、フランス語、イタリア語も話せてほとんど海外にいる生活を送っている。
  • 妹さんは、ローランドのことを「ウザい」と思っている。
  • ローランドには6歳年下の弟もいる。名前は叶音(かのん)さん。ローランドの経営する脱毛サロンで店長として働いている。周囲に兄を自慢したりしない、いい人。ローランドの影響で高校まではサッカーをしていた。
  • ローランドは母親にクレジットカードを丸ごと渡している。親孝行。
  • 脱毛サロンでローランドからは率直な意見など、伝達役として期待されている。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

テキストのコピーはできません。