浅田美代子と樹木希林の関係は親戚?映画で共演、マンション購入?

Pocket

元祖・天然キャラでお馴染みの、タレントであり女優の浅田美代子。いつまでもかわいらしい女性ですが、気になる故・樹木希林との関係は親戚なの?どんな関係?樹木希林が亡くなる前のエピソードや、映画で共演した時の話、マンション購入に樹木希林が関わっていたという話についてまとめました。

スポンサーリンク

浅田美代子と故・樹木希林の関係は親戚?

結論から言えば、お二人の関係は親戚ではありません

浅田美代子と故・樹木希林は、1973年のテレビドラマ『時間ですよ』(浅田美代子・当時17歳)で共演してから45年来の友人としてお付き合いされてきました。(当時は樹木希林は悠木千帆(ゆうき ちほ)という芸名で活動していました。)

ただし、普通の友人関係とは違ったようです。浅田美代子にとっては師であり、姉であり、母、親友でもありました

いつも浅田美代子の誕生日の時には、一緒にご飯を食べたり、温泉に行ったりしてくれたそうです。

そして、仕事で会えない時には、留守番電話にメッセージを入れてくれていました。

故・樹木希林が生前(浅田美代子の母親が入院していた頃)に浅田美代子に小さな車を贈ったことがありました。もともとは樹木希林の車だったのですが、ナンバーも“3434(ミヨミヨ)”で形もかわいかったので、その車を見た浅田美代子は「これはさぁ、私が乗るべき車なんだよ!」と言うと『私も大好きだった…え~っつ!わかったよ、もうみよちゃんに譲るよ!』と言って樹木希林は譲ってくれたそうです。

その車は、“バンデンプラスプリンセス”というイギリスの車です。

出典:minkara.carview.co.jp

(浅田美代子の愛車はホワイト)

樹木希林は車だけではなく、家具などもアンティークが好きだったようです。

それにしても、車をゆずってくれるなんて仲が良いこともありますが、すごく太っ腹ですよね!

 

お二人がより仲が良くなったのは、浅田美代子の母親(順子さん・享年70)のご病気が発覚してからでした。

母・順子さんのご病気が発覚した時、偶然仕事で一緒だった樹木希林がいち早く異変に気づき「みよちゃん、なんか今日変じゃない?どうしたの?」と声をかけてくれました。

浅田「別になんでもないよ」

樹木『いや、そんなことない。おかしいよ、あんた』

朝の挨拶だけで何も言っていないのに、

樹木『あ、あんたじゃないわね。…お母さん、なんかあったの?』と言われてから浅田美代子は号泣してしまいます。

浅田「実は…」

そこからいろいろと力になってもらうようになりました。

出典:Twitter

バリ島で、川下り

バリ島で川下りをした時「希林さんは“キャー”じゃないんです、“ワァーオ”なんです」と浅田美代子がエピソードを語っていました。

母・順子さんが亡くなったときも、着物を整理したのも故・樹木希林でした。浅田美代子が着られるものは残して、着ないものは着物教室などに寄付したり、浅田美代子の若い頃の振袖は富士フイルムのCMで使って証拠写真をメッセージと一緒にポストに入れていました。

出典:Twitter

樹木希林/赤い振袖

出典:Twitter

樹木希林/ピンクの振袖

懐かしいですね「そうでない人もそれなりに」のセリフが印象的なCMでしたね!

浅田美代子は樹木希林が亡くなった時も病室、そしてご自宅に戻られてからもそばに付き添っていました。本木雅弘・内田也哉子ご夫妻や子供たちとも仲が良く、家族同然とも言われています

 

本木雅弘・内田也哉子の記事はこちら↓

https://www.toynutz.com/%e3%82%a8%e3%83%83%e3%82%bb%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%83%88/uchida-yayako-motoki

 

樹木希林の孫(本木・也哉子の子供)の記事はこちら↓

https://www.toynutz.com/%e5%a5%b3%e5%84%aa/kiki-kirin-mago-musume

 

浅田美代子は1977年にシンガーソングライターの吉田拓郎と結婚しましたが、6年後の1983年には離婚しています。これからの人生を心配して樹木希林に再婚を勧められましたがペットや本木一家、実の弟さん一家とも仲良くしているようで寂しくないのと、平和に過ごしたいという気持ちがあってシングルライフを満喫しているようです。

明石家さんまと交際の噂が出たこともありましたが、友人関係で恋人の関係ではありませんでした。

故・樹木希林が亡くなる前の浅田美代子とのエピソード

浅田美代子は故・樹木希林が、がんの転移から大たい骨を骨折して入院していた時には毎日のようにお見舞いに行っていたようです。

病室に行っていろんな、他愛もない話をしていました。リハビリもされていましたが、歩けるところまでは回復していなかったようです。

医師が何か処置をする時に「ちょっと(病室から)外に出ていて下さい」と言われた時に故・樹木希林が「この子も役者のはしくれなんだから、全部みせる」と(筆談で)言ったら医師も苦笑していたようです。

そんな時にも女優魂が出るんですね。

樹木希林が亡くなってから内田裕也が後を追うように亡くなりましたが、それについては、浅田美代子は「希林さんが連れていったな」と思ったそうです。それは、樹木希林が生前に『私は裕也より一日でも長く生きる』とおっしゃっていたからでした。

浅田美代子が「なんでなんで?」と聞くと、樹木希林は『あんな人、置いていったら迷惑でしょ?みんなに』と笑っていたんだそうです。

浅田美代子には「早くいらっしゃい!!」と内田裕也を呼んでいる樹木希林が想像できてしまうようですね。

出典:Twitter

ハワイで故・樹木希林と浅田美代子

海外旅行には、着物が一番だと樹木希林が生前言っていたそうです。小さくなることと、フォーマルにもなるからだそうです。

しかし、足元はスニーカーのようなカジュアルなものだったそうです。笑

樹木希林らしい感じでおもしろいですね!

浅田美代子と故・樹木希林は映画で共演していた?

2019年6月7日(金)に公開予定の映画『エリカ38』は、故・樹木希林が企画とプロデュースした作品です。

出典:Twitter

映画『エリカ38』

この作品は実際にあった「つなぎ融資の女王」として世間を騒がせた山辺節子受刑者の話をもとに企画されています。当時62歳だった山辺受刑者は、38歳と偽って7億円以上もの現金をだまし取り、タイの青年に貢いでいたという事件でした。

主演は浅田美代子です。個人的にとっても楽しみな作品です。

樹木希林が女性の事件などをテレビでみるたびに「みよちゃんは、こういうのやったほうがいいんだよ」と言われていましたが、

浅田『いやぁ、私には(オファーが)来ないでしょう』

樹木「…だよねぇ~」

でその場は話が終わっていたのですが、樹木希林が水面下で浅田美代子のために動いてくれていました。

ある日、樹木希林から電話があり「あのね、事件のあれ。プロデューサーがこの人で、ちょっとドキュメンタリーっぽいところがあったほうがいいから、監督は日比(ひび)さんでね。」と全部決めて「やるから、がんばって」と浅田美代子に言いました。

キャストも「この役は木内(みどり)さんがいいんじゃない?」と決めていたようです。衣装も全部自前ってすごいこだわりようですね!

もともと持っていたミニスカートやアクセサリーを出してきて衣装として使うと、樹木希林に「もうあんだけ散在して、よかったね~。だからもう買わなくていいんだよ、みよちゃん」言われてしまったそうです。

『エリカ38』が樹木希林の“遺作”(邦画としては)のように言われていることに対して、浅田美代子は「素晴らしい作品にたくさん出ているのに、私の(主演の)『エリカ38』が遺作じゃ本当に申し訳ないっていう気持ちでいっぱいです」と『徹子の部屋』で語っていました。

浅田美代子のマンション購入に故・樹木希林が関わっていた?

浅田美代子がマンションを購入するきっかけになったのは、樹木希林から「今はいいけど、60歳すぎた独身女に、部屋をかすところは無いよ!不動産を買いなさい!」と言われたことでした。

樹木希林が浅田美代子の自宅マンションを購入するまでに、物件探しからローンお世話まで手伝ってあげたようです。

浅田美代子が新聞と一緒に入っている物件のチラシを「とっておきなさい」と樹木希林に言われてまとめて渡し、2人で物件を見にいったりしたそうです。樹木希林は物件大好きだったようですね!

樹木希林の勧めでマンションを購入しましたが、毎年、年末になると浅田美代子に「なんかコマーシャルやってたよね?あれ、ギャラいくらだったの?それ(ギャラ)入った?入った?」としつこかったとか。笑

樹木希林から「100万円でいいから、(前倒しで)払いなさい」と、そのような「早く返しなさい」のやりとりを毎年のように言われていました。

「このローンはキャンペーンですごい金利が安いから大丈夫」と言っても「借りたものは早く返せ」と言われていました。そのおかげで、浅田美代子はローンを予定より少し早く返すことができました。

銀行に一緒に行った時も、こっそり写真を撮っていてそれをポストに入れてあったようです。笑

出典:Twitter

ローン完済記念?/故・樹木希林撮影

なかなか面白いことをするんですね!笑

浅田美代子はかなり驚いたでしょうね…。

さらに、ペットとの生活のために約2億円すると言われている別荘を樹木希林に「迷うことないじゃない」と背中を押してもらい購入しました。千葉県の海のそばにある別荘です。

浅田美代子のプロフィール

出典:Twitter

浅田美代子『徹子の部屋』

愛称 美代ちゃん、美代子さん
生年月日 1956年2月15日(2019年で63歳)
出身地 東京都港区
身長 157cm
血液型 B型
学歴 東京女学館高等学校中退
職業 女優、タレント、歌手
所属 テアトル・ド・ポッシュ

実家は自動車修理工場を経営しています。1972年の夏、スカウトされました。当初、ご両親は反対しましたが、『時間ですよ』の新人オーディションに25000人の中から選ばれて芸能界入りし、高校は中退しました。

『時間ですよ』のお手伝い役でデビューし、挿入歌『赤い風船』を歌い50万枚近くのレコードを売り上げ大ヒットとなりました。

テレビ番組『さんまのSUPERからくりTV』などのバラエティー番組で強烈な天然キャラで人気者になりました

天然キャラが定着すると、女優としては知的な女性の役が来なくなったそうです。イメージってやっぱり大事なんですね。(;’∀’)

浅田美代子と樹木希林の関係・まとめ

  • 浅田美代子と故・樹木希林は、親戚のような親しい関係だった。45年来の関係。
  • 浅田美代子と故・樹木希林は映画『恵梨香38』で主演の娘役と母親役として共演している。
  • 浅田美代子にマンション購入をすすめたのは樹木希林で、ローンの保証人になってあげていた。ローンは完済している。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

テキストのコピーはできません。