樹木希林の娘・内田也哉子と結婚した夫・本木雅弘の馴れ初めは?

Pocket

大女優の故・樹木希林と内田裕也の娘でエッセイストの内田也哉子と結婚した旦那の本木雅弘との出会い・馴れ初めや、歌手活動についてまとめました。

スポンサーリンク

樹木希林の娘・内田也哉子と夫・本木雅弘の出会い馴れ初めは?

左・内田也哉子 右・本木雅弘

内田也哉子が15歳の時に、母・樹木希林から「お父さんと食事してきなさい。」と言われ、到着するとそこには父・内田裕也と本木雅弘(当時25歳)も同席していました。映画『魚からダイオキシン!!』で共演したことが縁で一緒に食事をされていたようです。この時は特別な感情はお互いにありませんでした。

翌年、本木雅弘がアカデミー賞授賞式のナレーターの仕事でアメリカに行った時に当時留学中の内田也哉子が通訳として同行することになりました。

本木雅弘は内田也哉子の第一印象について

「ルックスは若いのに、しぐさとかたたずまいが大人みたいアンバランスな感じ」

と語りました。

また、関係者は

『モックンは昔「ベタベタする女の子は苦手、きゃあきゃあ騒ぐ子もダメ」とよく言ってました。その点だと今の奥さんは理想の女性だったんでしょうね。』

と回想していました。

“年の差は10で、まだ内田也哉子は16歳だったのだが、本木雅弘からアプローチがあったようだね。
内田也哉子は海外へ留学中だったために、しばらくは手紙でやりとりをして愛を深めていったそう。”

手紙はメールなどと違って一段と心のこもったやりとりになったことでしょうね。

内田也哉子は内田裕也が唯一、子孝行をしてくれたとしたらそれは旦那さんを紹介してもらったことだと語っていました。

内田也哉子の夫・本木雅弘のプロフィール

出典:Twitter

本木雅弘

  本名:内田雅弘

生年月日:1965年12月21日
出身地:埼玉県桶川市(旧・北足立郡桶川町)
血液型:A型
職業:俳優
所属:個人事務所「メンズアート」

元ジャニーズ事務所所属の3人組アイドル「シブがき隊」のメンバー。
1981年、TBSドラマ『2年B組仙八先生』でデビュー。
1982年、アイドルグループ「シブがき隊」のメンバー「モックン」として、布川敏和(フックン)・薬丸裕英(ヤックン)とともに、シングル『NAI・NAI 16』で歌手デビュー。
1988年、シブがき隊を“解隊”後、俳優活動を開始。

昔は、「シブがき隊」の“モックン”として人気者でしたが、現在は味のある演技派俳優として定着した本木雅弘。樹木希林からお願いされて内田家の婿養子となりました。

内田也哉子が一人娘なので、跡継ぎが欲しかったのでしょう。さらに、関係者が言うには「年齢の幅の広い家族は子供にいい影響を与えるから、一緒に住まない?”と樹木さんが本木さんに提案したんです」ということです。

同居を了承してくれた本木雅弘は本当に素敵な旦那様ですね。

本木雅弘が内田也哉子にプロポーズ

当時まだ10代(当時17歳)だった内田也哉子に送ったプロポーズが大変胸を打つものでした。

私には白髪のあなたが想像できるし、そういうあなたが愛おしいと思える気がする。 今すぐじゃなくても、いつか結婚という選択肢が現れたとき、私もそこに入れてください

こんなに素敵なことをあんなイケメンに言われたら失神していまいますね。

そして1995年、当時19歳だった内田也哉子は本木雅弘(当時29歳)と結婚しました。

当時、内田也哉子はすでにエッセイストとして活躍していました。

内田也哉子が本木雅弘を選んだ理由をこのように書いている。

『スバラシイような、クダラナイようなところをもっとのぞいてみたかった。

二人といない彼と私のそんなところを。』

夫である本木雅弘への愛を感じます。こんな素敵なご夫婦ってなかなかいないんじゃないでしょうか。これからも素晴らしいご家庭で愛を育てていただきたいです。

内田也哉子が結婚する時に母・樹木希林の反応は?

出典:Twitter

樹木希林

当初、樹木希林は娘の結婚相手は一般男性がよかったようですが、本木雅弘が農家の16代目だったということですごく喜んだようです。1つの土地に何百年も根ざせる辛抱強さ、謙虚さ、食べ物(お米)を作ってきた生命力にやられたそうです。職業というよりは、遺伝子的にもっている部分に樹木希林は惚れた(?)ようです。

「うちのこんな娘でよければ」

となったそうです。

 

 

内田也哉子と本木雅弘の子供の記事はこちら↓

https://www.toynutz.com/%e5%a5%b3%e5%84%aa/kiki-kirin-mago-musume

 

母・樹木希林と浅田美代子の記事はこちら↓

https://www.toynutz.com/%e5%a5%b3%e6%80%a7%e3%82%bf%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%88/miyoko-asada-kirin

 

樹木希林の娘・内田也哉子のプロフィール

出典:Twitter

内田也哉子

生年月日 1976年2月11日
出身地 東京都
職業 エッセイスト、歌手、女優
父親 内田裕也
母親 樹木希林
配偶者 本木雅弘

本は何冊か出版されています。

本の評判はかなり良いようです。

2005年に渡辺琢磨と鈴木正人と共に音楽プロジェクト“SighBoat”を結成し、内田也哉子はボーカルを務めています。

SighBoatでの内田也哉子の歌声はこちら↓(音楽だけで歌っている姿は出てきません)

こちら↓は、ほぼ英語のセリフ?をペラペラ流暢にしゃべっている感じで後半、少しだけメロディーを口ずさむ程度でした。歌っている姿が見れます。

やはり、留学や通訳をしていただけあって、英語の発音がとてもお上手ですね!かっこいいです。そして、やはり樹木希林の娘ということで個性的な雰囲気も遺伝しているのかもしれませんね!

さらに、作詞もやっているようです。名義はひらがなで“うちだややこ”となっています。NHK教育テレビ(Eテレ)で『おかあさんといっしょ』という番組で放送されている『たいこムーン』という曲です。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=wrm_HaZVqTs

まとめ

  • 樹木希林の娘・内田也哉子は女優、エッセイスト。夫・本木雅弘と10代のころから愛を育み結婚。3児の母となる。
  • 内田也哉子は、エッセイスト、女優の他に歌手としても活動している。英語の発音がペラペラ。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

テキストのコピーはできません。