ニコレットで禁煙してみよう

ニコレットはタバコを吸いたくなったら噛むガムです。ニコチン入りガムなのでタバコが吸いたいと思った時に噛むことでイライラを抑えて禁煙できるようです。服用タイプの禁煙薬に抵抗のある方はニコチン入りのガムから始められてみるとよろしいです。

ニコテックス2mgとニコテックス4mg

ニコレットの使い方

ニコレットは禁煙グッズの一つで、噛むガムのタイプと貼るパッチタイプの2種類が存在します。どちらもニコチン置換療法を行うことで、タバコへの欲求を抑えて禁煙ができるとされている医薬品です。使用方法はそれぞれ異なり、特徴に合わせて選ぶことができます。ニコレットガムは噛むことでニコチンの成分を少しずつ出して、口腔粘膜を通じて脳内に補給します。使用するタイミングはタバコを吸いたくなった時で、ニコチンを摂取するのと同時に、噛む動作によって口寂しさを紛らわせることができます。1回に1個を口に含み、15回ほど噛んでピリッとした味が出たら、ニコチンが出ている証拠なので噛むのを止めます。ガムは頬と歯茎の間に挟んで約1分以上そのままにして、ニコチンが粘膜から吸収されるのを待ちます。味がなくなったら、再びガムを15回程度噛み、頬と歯茎の間にガムを挟む動作を繰り返していきます。これを30~60分の間繰り返したあと、ガムを紙などに包んで捨てます。ニコレットガムの使用個数はタバコを1日で吸う本数によって異なりますが、1日の最大使用個数は24個となっていて、期間は最大でも3ヶ月とされています。ニコレットガムのニコチン置換療法は、最初の1ヶ月は6~9個、次の月から3~6個程度と徐々に減らしていくのがコツとなります。一方のニコレットパッチは皮膚に貼り付けてニコチンを補給するタイプなので、箱から出したシートをハサミで適当なサイズに切って、起床時に上腕部または腰周辺に貼ります。効果は約16時間が目安となっていて、目覚めから就寝時までニコチン濃度が保たれる仕組みです。目立たない箇所に貼れるのが特徴で、接客業などをしている人には便利なタイプと言えます。どちらも禁煙するには便利な方法なので、仕事や生活環境に合わせて、使いやすい方を選ぶといいでしょう。

ニコレットと喫煙について

タバコを自分の意思だけで止めるのはとても難しく、精神力だけでの成功率を数字で表すと10%未満とも言われています。実に10人に1人しか成功していないという低い割合でしかありません。無事に禁煙を成功させる為には成功率をアップさせる為の工夫を取り入れてみることも大切ですが、成功率を高める為にも有効とされているのがニコレットです。所謂禁煙ガムであるニコレットを利用した場合の成功率は40%程度であり、減煙ができた方も30%程度いますので、タバコ離れをする為にも有効性がある禁煙グッズと言えるでしょう。ニコレットが禁煙になぜ役立つのか、その理由はニコチン切れによる禁断症状を抑える働きがニコレットにあるからです。禁煙が難しくなる理由はニコチン切れによる禁断症状でもありますが、禁断症状さえ抑えることができれば禁煙を成功できる可能性はアップします。その為にも有効なのがニコレットであり、このガムを噛むことによってニコチンを少量吸収させることができますので、禁断症状を発生し難くさせることができるのです。また、ガムを噛んでいることによって気持ちを紛らわせることができるのも利点です。禁煙中の口さびしさもタバコを吸いたくさせる原因になりますが、ガムを噛むことによってその辛い気持ちを軽減させることができるはずです。このようにニコレットはタバコを止め易くさせる為にも有用な存在ですが、ただし上手に活用しないと禁煙を成功させることはできません。そして禁煙を成功させる為にはやはりある程度の我慢が必要不可欠です。どのような禁煙方法でも止めたい気持ちを持っていなければ止められませんので、気持ちを強く持ちつつニコレットでサポートをするのが成功させる為のコツと言えます。

ニコレットの副作用

ニコレットはタバコを止められない人の禁煙補助として開発された医薬品で、タバコの代わりにニコチンを摂取することで、タバコからの離脱症状を軽減することができるとして、代替治療に利用されています。タバコを吸うことで、ニコチンが肺から脳へと血液を伝って移動し、脳内のレセプターに結合することで、快楽などを覚えるドーパミンと呼ばれる物質を放出します。これによって一時の安堵感や気分の落ち着きを維持できますが、ニコチンの血中濃度半減期が1時間にも満たないため、ドーパミンの放出が止まり、落差によって気分の落ち込みやイライラが生まれます。ここで落ち込んだ精神を前の状態に戻そうとして、再びタバコを吸うことになり、これを繰り返すことでニコチン依存症へとつながります。ニコレットはタバコから摂取するはずのニコチンを代替することで、タバコへの欲求を抑え、落ち着かなくなるなどの離脱症状を抑制する働きがあります。形状は噛むタイプのガムと、皮膚に貼るパッチタイプがあり、どちらも少量のニコチンを含んでいます。ニコチンはアルカロイド系有害物質で、青酸カリよりも強力な猛毒と言われています。ニコレットガムは1粒で2mgと、タバコに比べると少量ですが、摂り続けることで副作用が起こる可能性は十分にあり得ます。特にガムでは口腔粘膜からニコチンを摂取するため、口腔や咽頭のひりひり感、胃の不快感といったものが起こります。さらに吐き気、胸やけ、めまいといった症状が起こり、使用期間が6ヶ月を期限とされているので、それ以上の使用になると、顎関節の痛みなどが起こることもあります。ニコレット使用中はすでにニコチンを摂取しているので、タバコを同時に吸うことは禁止されています。もしタバコを吸った場合はニコチン摂取量が過剰となり、急性ニコチン中毒を起こすこともありますので注意が必要です。