ニコレットはタバコを吸いたくなったら噛むガムです。ニコチン入りガムなのでタバコが吸いたいと思った時に噛むことでイライラを抑えて禁煙できるようです。服用タイプの禁煙薬に抵抗のある方はニコチン入りのガムから始められてみるとよろしいです。

ニコテックス2mgとニコテックス4mg

世界禁煙デーと一酸化炭素濃度減少にニコレット

タバコによる健康被害についての情報が広まったことによって禁煙に取り組む人も多くなりました。5月31日は世界禁煙デーと指定されて世界的にも禁煙への取り組みが行われるようになっています。タバコによる健康被害としてニコチンによる依存性の発生や、タールによる影響、一酸化炭素濃度の上昇による中毒、ベンゾピレンなどの発がん性物質への暴露といったものが代表的なものです。特に血中の一酸化炭素濃度の上昇によって慢性的に酸欠状態になることは体力低下や慢性的な体調不良を生み出す原因とされています。また、動脈硬化や心筋梗塞のリスクも高めることから、一酸化炭素濃度が高まるということは喫煙者自身にも周囲にも影響力が大きいものとして懸念されています。世界禁煙デーではこういった観点から、タバコが健康に与える悪影響についての情報発信を行うきっかけとされており、国をあげての取り組みが毎年盛んに行われています。世界禁煙デーに便乗するようにして禁煙週間も実施され、禁煙への取り組みを積極化するよう呼びかけられています。禁煙を実現するのはそれほど容易なことではありませんが、健康被害を回避するための速効性の高い手段としてニコレットの使用は古くから注目されています。タバコをやめられない理由として大きなものはニコチンに対する依存性であり、それを突然断つことが難しいとされています。そのため、ニコチンの供給源を別のものに置き換えることによって禁煙を達成するというアプローチが有効です。そのニコチンの供給源としてニコレットを用いるというのが基本的な発想であり、ニコレットを減量していくことで最終的にはニコチンに対する依存性も解消していくことができます。