ニコレットはタバコを吸いたくなったら噛むガムです。ニコチン入りガムなのでタバコが吸いたいと思った時に噛むことでイライラを抑えて禁煙できるようです。服用タイプの禁煙薬に抵抗のある方はニコチン入りのガムから始められてみるとよろしいです。

ニコテックス2mgとニコテックス4mg

ニコレット禁煙と保険治療での禁煙に関わる要綱の策定

禁煙をなかなか達成できない人の多くはニコチン依存症になってしまっているのが原因です。ニコチン依存症が生じてしまっている人の場合には禁煙しようと思ってタバコを一度にやめてしまうと禁断症状が出てしまう場合もあり、依存症の存在が個人の努力での治療を難しくしている原因となっています。そういった人が禁煙をする補助としてきたのがニコレットであり、ニコチンの供給源をタバコからニコレットに切り替えることでまずはタバコをやめることができるようになります。ニコレットの使用によって禁煙を達成できる人も多いものの、ニコチンそのものにも健康に対するマイナス面もあることからあまり推奨されてこなかったのも事実です。しかし、ニコチンを使わない保険治療が確立されたことによって状況が一転しました。保険適用であるということは国が認めた治療法であり、それを推進する意味が大きくなったのです。その結果として都道府県や市町村では禁煙治療費補助金交付要綱をまとめたり、禁煙支援事業実施要綱をまとめたりといった形で、個人の禁煙治療や企業や団体による禁煙支援事業の推進が行われるようになってきています。特に禁煙は個人の努力による面が大きいことから、禁煙治療費に対する助成金の要綱をまとめる市町村は多くなってきており、保険治療が確立されたことの影響力は大きなものとなっています。必ずしも保険治療を行って禁煙を達成するという道を通る必要こそないものの、助成金が受けられるということによってまずは保険治療から取り組もうとする考え方も強まってきています。こういった社会的な動きが生じてきたことによってタバコがなくても生活できる人が増えていくと期待されるようになっています。