ニコレットはタバコを吸いたくなったら噛むガムです。ニコチン入りガムなのでタバコが吸いたいと思った時に噛むことでイライラを抑えて禁煙できるようです。服用タイプの禁煙薬に抵抗のある方はニコチン入りのガムから始められてみるとよろしいです。

ニコテックス2mgとニコテックス4mg

ニコレット禁煙で肺ガンの低減とリボフラビンの影響

タバコを吸うことによる健康への影響は多くの人が認識するものとなってきました。肺がん発症のリスクを高めるというのはタバコの煙が直接肺に当たっているということを想像すると容易に理解できることであり、こういった深刻さも感じられる健康被害を筆頭として多くのことが知られるようになっています。がんも含めたほとんどの生活習慣病のリスクファクターとなることからも禁煙の試みは重要視されるようになってきていますが、試みてもなかなか実現できずに苦労する人が多いのが事実です。その際に役立つのがニコレットであり、タバコをガムに置き換えるということを実現できます。タバコへの依存はタバコに含まれているニコチンに対する依存症であるというのが典型的です。そのため、ニコチンを含んでいるガムであるニコレットにタバコを置き換えることによって、タバコに含まれるニコチンからガムに含まれるニコチンに依存先をかえることができるのです。依存症の克服という根本的な解決策ではないにしても、肺がん発症などのタバコを吸うことによる健康への影響をなくすことができることは事実です。タバコに含まれるベンゾピレンやタール、ホルムアルデヒドなどが肺がん発症のリスクを高めているものであり、ニコレットを用いることでそういった物質への被爆をなくすことができるでしょう。一方、肺がん発症にはリボフラビンも影響する可能性が報告されています。リボフラビンは栄養素であるビタミンB2であり、水溶性であることから過剰摂取の問題はないと考えられてきました。しかし、過剰摂取によって肺がんのリスクが高まるという研究結果が報告され、リボフラビンであっても適正な量を摂取することが必要と考えられるようになってきています。